実は簡単、ネジが動かなくなったら潤滑材とペンチ

固着したネジを簡単にはずす方法

自転車のメンテナンスをサボり、放置してしまって気がついたらネジが回らない、
動かない固着する状態になった時の対応。

 

色んな方法がありますが、素人でもできる簡単な方法があります。

 

 

ネジが固着した時にはずす為の道具は

 

 

 

潤滑材レンチ完全六角が納まるレンチ3種類あるといいでしょう

    

まず固着したネジの付け根部分を
金属になじませるようにワコーズ メンテルーブ潤滑スプレー を吹き付けます

 

つけるとすぐ回るものと思いがちなんですが、回りません。
あせらずになじむまでしばらく放置します。

 

 

管理人「ルートガーデン」は数日にまたぎ、
3日に1回おきの3セットぐらい吹き付けました。

 

ということで

金属に馴染むまで1日ぐらいは放置したいところです。

 

 

潤滑油が金属に浸透したかなと思うころに
72ギヤコンビネーションレンチ 15mmの全て囲い込むレンチを使用します

 

このときナットの全てはまるタイプでないと力が分散してしまい。
ナットネジがつぶれるので必ず輪の部分を利用してください。

 

 

ネジが固着したら

ネジ山がつぶれてしまうとまわせなくなります

 

力技でいくら回しても、固着している場合

 

ネジの溝とネジの山が完全に固まっています。

 

ネジの山が力の耐久すれば山はつぶれませんが

 

それ以上の力がほとんどの場合加わるので

 

写真のようなネジが潰れてしまい

 

より回しにくくなる現象です。

 

 

 


潤滑油が馴染むと

 

錆はまた別の方法でとるとして、金属に油がなじむと
綺麗にネジが回りだし取れます

 

 

ネジが固着したら

 

見事に固着部分だけがいろが違いますよね。

 

ネジが固着したら

 

最初の一ひねりはゆっくり力を入れむ感じで
瞬発的な力を入れるのではなく

 

じょじょに力を入れていく感じです。

 

それでも動く気配を感じなければ
あせらず潤滑油をかけまた数日なじませてください。

 

あと自転車のタイヤ部分のナットは
ほとんどのサイズが15mmタイプが多いです。

 

ネジが固着したら関連ページ

折り畳みのメンテ
メンテナンスした方が良い部分
ネジの材質
素材をステンレス製にするだけでメンテナンスは楽になる
フレーム清掃
スポーク
メンテナンスした方が良い部分
シフトワイヤーの交換
メンテナンスした方が良い部分
やぐらの簡単な取付
シートポストとサドルを取り付ける時にやぐらという割れる部分の取り付けが難しく感じます
18インチタイヤ交換
タイヤ交換最後のところが結構きつめその時はプラのタイヤレバー

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先