ジオスプルミーノ

20インチ451タイプのミニベロは
結構久しぶりに購入しました。
GOISといえばミグノンやパントなどの
ダイヤモンドフレームに走りがちなんですが

 

 

今回はこのスタッガードフレームのプルミーノになります
見た目でわかるようにフレームに下りがあり
身長が低め150cm台の女子や
スカート着用した状態でも
乗り降りが比較的容易な自転車

 

GIOS PULUMINO
全体像をよく見るとタイヤホイールベースが
狭め短めその分身長が低め150cmの女子
移動スピードがゆっくりであれば
おしゃれカスタムをしても良いです

 

ンティーク調
皮のグリップ、皮のサドルなど組み合わせたり
ハンドルをプロムナードにしたり
シルバーのカラーでコーディネートしても良い感じ

今回は軽くカスタムというより
ドレスアップ寄りのパーツ交換になります
元々タイヤは黒色のところ
ホワイトのパナレーサーミニッツライト

 

シートポストをカラー豊富な
グリーンとタイヤの白に合わせた
サドルもホワイト
GIOS PULUMINO

 

ひとまずは装飾メインのプルミーノに仕上げました

 

フレームサイズは400で
適応身長150cm〜175cm
重量は12.0kg

 

 

 

GIOS PULUMINO
快適な足回りとカゴを付けても
13.0kgぐらいに収まるので
まさに街乗りに適したミニベロになります

 

ジオスプルーミオハンドル交換カスタム

 

GIOS PULUMINO
ノーマルのハンドルから少しレトロ調にしていきます
まずはハンドルを外していきます

 

GIOS PULUMINO
六角レンチさえあれば簡単に外せるのでこの状態

 

ハンドルともう一つカリアのカゴを付け替えるのでこれも外す
GIOS PULUMINO

 

後にサドルも変更していきますがひとまずはこれで取り外し完了
GIOS PULUMINO

 

ややブロムナード腸ハンドルを取り付けてい
GIOS PULUMINO
このハンドルによりハンドルを握る時に
横向きの手の置き方から
縦向きの手の置き方に
ポジションが変わるのでリラックススタイルのポジション

 

GIOS PULUMINO

 

リアのキャリアを取り付けます
GIOS PULUMINO
取り付けの過程は省くが色々入れかえると
このようになります
GIOS PULUMINO

 

GIOS PULUMINO

 

 

GIOS PULUMINO