ギザソフトテールとコジャックも組み合わせ

以前から18インチのミニベロで有名な
BDー1以外の18インチミニベロはないものかと探していて
楽天でKHS系のブランドマンハッタンの存在を知りました。

 

 

メーカのコンセプトから

マンハッタンバイクは、カリフォルニアに有るサーフィンや、
ビーチバレーで有名な“Manhattan Beach"より
ビーチクルーザーのブランドとして誕生しました。

 

Manhattanの名前がニューヨークの土地の名前と同じでもあり、
このクルーザーのマークにもニューヨークの摩天楼がデザインされています。

 

このデザインからビーチだけではなく、街をゆったり走ることを
コンセプトに考えられたスポーツ車に発展しました。
と商品説明があり

 

 

このマンハッタンをイメージさせる
折り畳み自転車を手に入れる事になる。

 

これは標準的な装備じでイエローカラーの
GIAプロダクツソフトテール18インチ
GIZAソフトテールホワイト

 

調べるとKHS F18カプチーノの仕様が全く同じになりクロモリのフレーム
反対側の画像GIAプロダクツソフトテール18インチ
GIZAソフトテールホワイト

 

 

この形似ていませんか?
特に街乗りに適した、荷物も置けるように
リアキャリアがフレームと一体型のように配置されています。
もちろん別にすることも可能
GIZAソフトテールホワイト

 

関連記事
18インチ1.25
18インチタイヤ交換

 

 

今回はこの白いタイプも所有したので
キャリアを外しましょう
泥除けも外しましょう
ホイール変えましょうとなった結果が

 

GIZAソフトテールのカスタム後の画像

GIZAソフトテールホワイト
画像よく見ると木霊も写ってますね
機能的なものは同時に美しさも兼ね備える

 

反対側か見たGIZAソフトテール
GIZAソフトテールホワイト
なんだか急にシャープでスポーツ車よりの仕様に感じられます
シャープな印象を受ける理由の一つとして
シュワルベのコジャックが際立っています

 

GIZAソフトテールホワイト

 

ハンドルはとてもうれしいブルホーンハンドル
少し下りのあるストレートでも持ちやすい形
シフターはシングルですがブレーキと一体型になる
デュアルコントロールレバー良いパーツが揃ってます

 

 

 

駆動性、走行性も順調でフレームがクロモリ
12kg(体重計は12.7gk)で少し重たいので
走行性能を上げれないかと

 

キャリアなど外して重量を軽量化し
11kg台まで絞り(体重計11.5kg)

 

 

しかし各パーツの精度が高いので巡行が楽、
色々パーツを変え外し
イメージでいうならば20インチ451サイズ
GIOSのパントぐらいの走行感を体験として感じます

 

GIZAソフトテールホワイト

 

ハンドル部分もKHSの仕様に近く短いステム
KHSのカプチーノ18インチモデルと同じで
KHSはストレートハンドルが標準
ギザプロダクツのソフトテールはブルホーンが標準装備

 

最大のカスタムポイントは
ホイールの交換とシュワルベのコジャック18×1.25

 

GIZAソフトテールホワイト

 

かっこいいですねタイヤを18×1.50から18×1.25に
変更するだけでこんなに全体のイメージが変わるのかと

 

 

 

タイヤはシュワルベのコジャックに変更して
195gなので軽量化しました

 

GIZAソフトテールホワイト

 

リアギア
SHIMANO(シマノ) CS-HG31-8 11-34Tロードバイク用スプロケット
対応スピード8速ギア歯数11T,13T,15T,17T,20T,23T,26T,34T
11Tと34Tと幅広いギア比によってスピードと坂道の道路状況を
幅広く対応巡行速度もより早くなり走るのが楽

 

関連記事
18インチ1.25
18インチタイヤ交換

  

・GIZAプロダクツテールのカスタムとノーマール比較
リアギアやホイールを変える事で
ペダルの推進力と最高速度の出し方が変わります
GIZAソフトテールホワイト

 

幅の広い歯数で11Tから34Tの8段変速
GIZAソフトテールホワイト
これで見た目もかなりカッコいい
もちろんホイールも変えてあります

 

GIZAGIZAソフトテールの全体像をカスタムとノーマルの違い
GIZAソフトテールホワイト

 

 

 

GIZAソフトテールホワイト

 

GIZAソフトテールホワイト

 

 

色の違いもありますが
白い
GIZAソフトテールホワイト

 

GIZAソフトテールホワイト

 

 

 

タイヤの幅も全然違います
GIZAソフトテールホワイト